ポンコツおじサムの部屋(オウルガレージ)へようこそ!(^o^)丿
 

 
★★ 最新版(新着情報!)は右列の【トップページ】をクリックしてね!★★ 
 
★又は「ポンコツ日記(表題)」をクリック!(メイン画面にならない時あり)★
 
小画像をクリックすると、大きくなりますよ♪ 
前ページ 2011年3月の記事 次ページ
2011年 3月 10日 (木)

2011/03/10 マツダが作った宇宙船?

by ポンコツおじサム

20110310__83R_83X_83_82L10B_81_40_83h_83_89_83V_83_83_8FC_97_9D_81_402.jpg
「円盤コスモ」はスタイリッシュですねぇ〜(^◇^)
20110310__83R_83X_83_82L10B_81_40_83h_83_89_83V_83_83_8FC_97_9D_81_403.jpg
バラしてみると・・・見事にサビサビです (-_-;)  
20110310__83R_83X_83_82L10B_81_40_83h_83_89_83V_83_83_8FC_97_9D_81_404.jpg
錆びて固着したニードルローラーベアリングが見えますか?
20110310__83R_83X_83_82L10B_81_40_83h_83_89_83V_83_83_8FC_97_9D_81_405.jpg
右シャフトの内側を交換しました。
1967年5月に東洋工業(マツダ)から発売された

”コスモスポーツ”

は、画期的な世界初の実用&量産ロータリーエンジン搭載車であった。

搭載された「10A型」エンジンは、
世界初の多気筒ロータリーエンジンであり、
オールアルミ製の5枚のハウジングからなる、
非常に凝ったコストの掛ったエンジンでもあった。

デザインも「コスモ」→「宇宙」であり、
まさに、

「宇宙船」

のように未来的で、大胆かつ斬新なスタイルである。
今、見ても”スゴイっ”と思わず見入ってしまうほどです。
生産台数は、車両価格が高かった事もあり、
1967〜1972年の6年間で「1176台」のみ。
昨年のプリウス生産台数は約31万台/年ですから、
”1日分”の生産分しかありません(笑)
ちなみに、月産でも16台/月のみでっせ(^^;)



今回、K木さんのコスモ(L10B)は、
ドライブシャフトのクロスジョイント部の異音により入場です。
白いボディ色が多いのですが、このシルバーの車体色は渋いですね(^Д^)

マツダ純正補修用スパイダーキットは、
1セットのみしか残念ながら入手できなかった為、
一番ひどく痛んでいる右ハーフシャフトの内側を交換。
(国産旧車は補修部品の入手が難儀ですねぇ)

中は、水がが進入したらしく真っ赤に錆びており、
ニードルローラーベアリングも固着しています。
サビサビで手では回らないほど・・・(;´∩`)
この状態での走行はヤバかったですね。

プロペラシャフト側もジョイントに少々ガタがありますが、
修理部品入手後にお手当てという事で今回は仮退院です(^^;)

一応、これで普通には走れるはずです。
でも、
異常を感じたり、異音がしたらすぐ持ってきてね(^▽^;)

C O M M E N T
一度、乗ろうと思ってみましたがオイルショックで夢が覚めました!
でも、いまだに、乗って見たい!

そのコスモスポーツ見守りたいですネ。(^o^)
さとうとしお    [2011/3/10(木) 22:58]       
>さとうとしおさま
>いまだに、乗って見たい・・・

青春の夢、もう一度!
ぜひっ!!!
ポンコツおじサム     [2011/3/11(金) 10:00]       

前ページ 次ページ









RSS

Ringworld
RingBlog v3.10e
_Since:2010.09.20_
today
yesterday