ポンコツおじサムの部屋(オウルガレージ)へようこそ!(^o^)丿
 

 
★★ 最新版(新着情報!)は右列の【トップページ】をクリックしてね!★★ 
 
★又は「ポンコツ日記(表題)」をクリック!(メイン画面にならない時あり)★
 
小画像をクリックすると、大きくなりますよ♪ 
前ページ ドイツのクルマの記事 次ページ
2014年 3月 1日 (土)

2014/03/01  デスビの取り替えデス (^^;

by ポンコツおじサム

20140301___83I_83y_83_8B1900GT_81_40_83f_83X_83r_8E_E6_91_D6_82_A61.JPG
リトラクタブルのヘッドライトね(^o^)
20140301___83I_83y_83_8B1900GT_81_40_83f_83X_83r_8E_E6_91_D6_82_A62.JPG
20140301___83I_83y_83_8B1900GT_81_40_83f_83X_83r_8E_E6_91_D6_82_A64.JPG
標準の中身はポイント式です。
20140301___83I_83y_83_8B1900GT_81_40_83f_83X_83r_8E_E6_91_D6_82_A66.JPG
流れるようなボディデザインですね(^_-)-☆
流麗なクーペ登場!

1968年製「オペル1900GT」です。
リトラクタブルライトや流れるようなボディライン、
そして丸いテールが2個・・・と、
ちょうど年代的にトヨタ2000GTのボディデザインと重なりますね。

ただし、
こちらはアメリカで”約10万台”の販売台数を誇る、
若者や新妻たちが憧れたライトウエイトスポーツカーなのです。

日本ではあまり馴染みが少ないので少量生産車?と、
勘違いしてしまいそうですが、
アメリカでは一世を風靡した一般の人が普通に乗れちゃう”カッコイイスポーツカー”なのでした。
デザインがいいよね。

さて、
今回は以前より時々不調になる「デスビ」の取り替えです。
オーナーのN村さん自らがアメリカよりリビルト品を取り寄せてくれました。
補給部品が今でもあるのもこのクルマの魅力の一つですね。
ただし、
一見、同じそうでしたが、各年式違いにより、デスビ内の部品は違ってました。
結局、現行デスビの物を使用して組み換え済み。
ポイントレス組み込み+MDIにて強化して、電装関係はバッチリ!?でっせ。
エンジンもすでにノーマルから、
ウエーバー2基+タコ足仕様のちょこっとチューンになっているので、
見ても・乗っても・いじっても
楽し〜いクルマになってます。

C O M M E N T


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  20


  プレビュー

前ページ 次ページ









RSS

Ringworld
RingBlog v3.10e
_Since:2010.09.20_
today
yesterday